インド−デリーの旅報告(13)デリーの2日目。

タージマハル近くのレストランの食事。これが原因かなあ。

内需拡大の片鱗のつづき

(4)バスツアーの添乗員
前回も書いたけど、客8人に対し、添乗員5人。
日本なら客8人だったら、そもそも商売が成り立たない。


サボってる2人とは、ものすごく太った添乗員夫婦のことだ。
一番後ろの席に陣取って、ずっとイチャイチャしてる。


私の席は後ろから2番目。
帰路についたのは午後7時ごろだったので、まわりはもう真っ暗。みんな疲れ果てて寝てる。


で、ふと私の目に入ったのは…


え、ええええっ!
な、なんと、2人がハダカで
寝てるやんけぇ!!!


私の前に座っていたシアトルの女性に、そっと「Unbelievableやん!」と言って困った顔をすると、彼女も気づいたようで、笑いのツボにはまったようだった。


牧歌的というか何と言うか…


出発地点に到着したのは午後11時すぎ。
深夜にもかかわらずひとしきり別れの儀式
一人で夜道を歩くのはこわかったけど、無事寝床に到着。
服を着たまま爆睡で2日目終了。


【つづく】


―――